FC2ブログ

・・・おでかけ日記など・・・

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2007.05.25
カンボジア最後の日。
10時半にチェックアウトして、トゥクトゥクで空港まで。
ドライバーともお別れの日。
空港で、記念写真を撮って、連絡先交換。
別れる時に、「シー ユー ネクスト イヤー!」って言われた。
そうだね、来年また来れたらいいなぁ。

空港で、時間潰しに入ったカフェでちょっと軽食。
このサンドイッチ、おいしかった。
で、お土産屋さんをウロウロ。
愛知万博の時にカンボジア館で買ったお守りとコサージュ、全く同じのを見つけて嬉しくなる。
空港カフェ

シェムリアップ空港

バンコクまでの飛行機はバンコクエア。
アンコール仕様ですごいかわいい機体だった。
機内で、乗った飛行機と同じデザインの飛行機型ピンバッチが売ってたんだけど、買っとけばよかったなぁ。ちょっと後悔。
バンコクエア

機内食、さっき食べたかんじのサンドイッチだったけど、冷たいし、パサパサしてるし、いまいちおいしくなかった。
デザートも微妙。
機内食

一時間ちょっとでバンコクへ。
カンボジアとはこんなに近いお隣の国なのに、全然雰囲気が違う。
タイって都会だなぁと思う。
で、黄色い服着てる人がいっぱいで、不思議だった。
タイ一日目はアユタヤへ。
新空港から、アユタヤへのアクセスは悪くって、市内に出て列車かバス。それと、新空港からリムジンバス。
タイの相場がいまいちつかめてなくって、アユタヤまでのリムジンバスの代金がわかんない。
言い値だと2300バーツ。1700バーツまで下がったけど、それでも高い気がする。
まぁ、疲れたし、あまり具合良くないから、ボルボのリムジンバスでアユタヤのホテルまで直行。
ウトウトしてる間にホテルへ到着。
すごーいキレイなところだった。部屋の感じもよかった。
部屋でちょっとゆっくりしてから、ホテルを出ると、トゥクトゥクドライバーに声をかけられて、明日の観光をお願いすることに。
予定では、自転車で遺跡巡りしようと思ってたんだけど、体調良くないし、諦めてトゥクトゥク。
トゥクトゥクの相場、いくらなんだろ。
おじさんが持ってた日本語ガイドには一時間200~300バーツって書いてあったけど。
ちょっとだけ交渉して、4時間700バーツ。
アユタヤ

ナイトマーケットへ行こうと思ったんだけど、道を間違えて、行くのを諦めた。
なので、駅方面へ。
ブラブラ歩いてると、ゲストハウスがやってる食堂の人に呼び止められて、探すのも面倒だったから、そこで夕食を取ることに。
日本人が多いゲストハウスで、日本語がベラベラのスタッフだった。
日本人の彼女が2人いるとか、知恵の輪やってみろだとか、ちょっとうっとうしい感じなんだけど、面白かった。
食事は、パッタイを注文。
唐辛子と砂糖が添付されてるんだけど、よけてたら、唐辛子と砂糖をかけて混ぜて、食べなきゃダメだって。
言われるとおりにやって食べてみると、これがいける!やみつきになる味かも。
パッタイ



クルンスリ リバー ホテル(KRUNGSRI RIVER HOTEL)
3000円/ツイン朝食付
JHCのバーゲン価格で半額以下で宿泊。
アユタヤ駅からも近くて、キレイで豪華なホテル。
川沿いにあって、部屋からも川を見渡せます。
KRUNGSRI RIVER HOTEL
スポンサーサイト

海外旅行 TB(0) CM(2)

2007.05.24
トンレサップ湖から戻ってきて、バーストリートへ。
オシャレでカラフルなお店がいっぱい並んでる。
その中の「ピザ・イタリアーナ」というお店にランチ。
ピザもパスタもおいしかった。
このお店でカンボジア初のネコを見た。あちこちにイヌは放し飼いしているんだけど、ネコは全然見てなかったから、嬉しかったぁ。
バーストリート

イタリアン

街歩きもしてみたかったから、バーストリートからは、徒歩でホテルへ。だいたい15分くらいかな。
ホテルへ着いた頃、急に風が強くなって、スコールが来そうな気配。雷も遠くでゴロゴロしてるし。
どしゃ降りの雨の中、プールで遊ぶのも楽しいなって思ったけど、全く降らず、厚い雨雲もどっか行っていい天気に。
プール

ホテルで休憩して、夕方からは、再び、アンコール・ワットへ。
こっちでは、スコールがきたらしく、あちこちに水たまりができてた。
アンコールワット

アンコールワット

レリーフ中心に見て回る。
計画では、一日はガイドをお願いしようと思ってたんだけど、ガイドなしでも全然良かった。むしろ、自分たちのペースで動いたほうが楽だからガイドがいないほうが断然良かったかも。
地球の歩き方には、細かく説明書いてあるし、たまに日本語ガイドを盗み聞きしたりもできたし。
キレイなまま残ってる彫刻や、作りかけの彫刻があったり、中国人が作ったであろう雑な壁画があったり。
本当に見ごたえたっぷりで、いくら時間があっても足りないくらい。
休み休み見て回るんだけど、ひと通り見て回った後は、かなりクタクタ。
アンコールワット

アンコールワット

アンコールワット

日が沈みかけの景色を眺めながら、アンコール・ワットを後にすると、なんだか切ない気持ちになってくる。
いいところだったなぁ。
アンコールワット

駐車場では、また昨日の女の子に会う。
手紙もらったお礼に、ポストカードを3セット2ドルで買ってあげた。
もう一人の子は、来れないって言ってたから、会えなかった。残念。

帰ってからは、疲れたから外に出るのがめんどくさくって、ホテルでごはん。
レストラン、だーれもいなかった。
で、その夜、私、高熱出しちゃった。
熱射病かなぁ。
寒くて、あったかいお風呂に入りたかったのに、部屋のシャワーが途中からぬるま湯になっちゃうもんだから、全然あったまれない。
一瞬、ウブドでのことを思い出したけど、お腹を壊したわけじゃなかったから、風邪なのかな。
昨日、今日と身体がだるかったのはそのせいかも。

海外旅行 TB(0) CM(0)

2007.05.24
9時にトゥクトゥクドライバーと待ち合わせてトンレサップ湖へ。
遊覧船の料金が、地球の歩き方には、1人10ドルって書いてあったんだけど、チケット売り場に行ってみると、1人25ドルだって言われた。
10人だったら、1人10ドルで、今回は2人貸切だから、25ドルなんだって。
2人で6000円なんて高すぎると思って、帰ろうかと思ったら、25→20→15ドルまで値下がった。
で、時間も短縮されたて一時間になったけど、それで乗ることに決定。
乗り場までは、すごいガタガタ道で、土ぼこりもひどい。足で踏ん張って、タオルで口と鼻を覆いながら乗ってた。
でも、今まで見たことがない景色を眺めながらで楽しかった。
トンレサップ湖

湖に出るまでは、水上のお店や学校、漁をしてる人を見たりで興味深かった。
日本とか韓国が建設した学校や病院もいくつかありました。
それと、水上を移動してる家まであって、びっくり。
トンレサップ湖

広ーい湖に出てしばらくすると、そこにもまた、お店や教会、レストランや水上生活してる人たちの家などがあって、ちょっとした町みたいになってた。
で、観光客相手にボートでバナナを売ってる親子がいっぱい。
1房1ドルって言われたけど、そんなにいっぱいはいらないから、2000リエルで半分買ってみた。
トンレサップ湖

トンレサップ湖

途中、お土産屋さんで休憩。
屋上に上って、そこから、湖全体が見渡せるようになってた。
360度どっちを見ても、ひたすら湖で、すごーく広くて気持ちよかったー!
トンレサップ湖

トンレサップ湖

ボートの運転手さん、こっちが声をかけないと、帰ろうとする気配がなくって、約束の一時間を大幅に超えて、乗り場に戻った。
そこで、汚い水に飛び込んでる元気なちびっ子に、バナナちょうだいって、ジェスチャーされてあげたら、すごい勢いで口の中に放り込んで、また水の中に飛び込んでった。
バリのモンキーフォレストのサルたちを思い出したよ。
トンレサップ湖

海外旅行 TB(0) CM(0)

2007.05.23
午後からがベストタイムってことで、ホテルでひと休みしてからアンコール・ワットへ。
西参道から進んで行くと、尖塔が見えたり隠れたり。
西塔門の入り口からは、中央の塔が一つ、西塔門の出口近くになって、全体の様子が見えるようになってくる。
存在感たっぷりで、圧倒される。
アンコール・ワット

アンコール・ワットの中心部へ。
半日だけで、見て回れるかなって思ってたけど、予想以上に広くって、あまりにも見るところが多くって、休憩しながら見るけど、この日はもう体力的に限界が。
明日また来ることにして、この日は早々と終了。
アンコール・ワット

アンコール・ワット

アンコール・ワット

トゥクトゥクの駐車場みたいなとこに行くと、物売りの女の子が一人「アイ リメンバー ユー」って着いてくる。
何言ってるんだろと思って軽くあしらってたら、昨日休憩してた時に、レストランの近くにいた子だった。
「私も思い出したよ」って、少し仲良く話して、お互いの名前を教えあったり。かわいい花の絵を描いた手紙をもらったのは、嬉しかったなぁ。
あなたに会えて嬉しいです、この花をあげます、みたいな内容が書いてあった。
リークとパウ

スバエク・トーイという影絵芝居を見ながらの食事。
コース料理になってるんだけど、二人なのに、食べきれない程のクメール料理が並ぶ。
アモック・トゥレイという、雷魚のココナッツミルク蒸しがおいしかった。
スバエクトーイ

スバエク・トーイは、子供たちが操ってて、生演奏でのお芝居。
どんなストーリーか全くわからないんだけど、台詞がコミカルで面白かった。
スバエクトーイ

スバエクトーイ

海外旅行 TB(0) CM(0)

2007.05.23
かなり早起きをして、サンライズ。
アンコール・ワットからのサンライズを考えてたんだけど、トゥクトゥクドライバーのおススメとのことで、スラ・スラン。
5:15にホテル前で待ち合わせしてたんだけど、既に明るいんだけど。
日の出に間に合うかかなり心配になりながらスラ・スランへ向かう。
着いた時、ちょうど太陽が昇り始めたところだった。
空が真っ赤に染まって、それが池にも映って、すごいステキ!
ただただ、じーっと太陽が昇るのを見てました。とっても感動。
スラスラン

スラスラン

スラスラン

サンライズを見て、かわいい物売りの子たちとおしゃべり(言葉は通じないけど)。
腕輪を売ってたんだけど、買わない私に「プレゼント」と言って、3人の子共が腕輪をくれた。
大切な商品なんだろうけど、ありがたく頂きました。
そして、スラ・スランの向かいにあるバンテアイ・クディへ。
観光客が全くいなくて、しーんと静まり返った遺跡は神秘的なかんじでした。
ホテルの朝食を食べれなかったから、トゥクトゥクドライバーのトモダチのレストランで朝ごはん。
道端のガソリンショップで給油して、次はバンテアイ・スレイへ。
トゥクトゥク

バンテアイ・スレイは、赤色の砂岩で造られてる遺跡で、彫刻の保存状態もよくって、キレイな遺跡でした。
ここには、「東洋のモナリザ」と呼ばれるデバダーがあって、それ以外にも、繊細な彫刻がいっぱいで、小さな遺跡なのに、見ごたえたっぷり。
バンテアイ・スレイ

バンテアイ・スレイ

バンテアイ・スレイ

バンテアイ・スレイ

バンテアイ・サムレへ。
アンコール遺跡群の中で、私、ここが一番好きかも。
観光客も少なくて、のんびり。
バンテアイ・サムレ

バンテアイ・サムレ

その後、プレ・ループ、東メボンを見学して、ホテルへ。
プレ・ループ

コンビニの中のカフェで買ったパン。
バイヨンブレッドってのを食べたんだけど、ふわふわのやわらかパンに、さきいかっぽい味の何かがついてて意外においしかった。
ランチの後は、ホテルのプールでひと泳ぎ。
ジャグジーもあって、のんびり~。
ランチ

海外旅行 TB(0) CM(0)

2007.05.22
昨日のトゥクトゥクドライバーと約束をして、朝からアンコール遺跡巡り。
アンコールワットを通り過ぎて、まずはアンコールトムから。
バイヨンへ。
初めて見る遺跡にドキドキ。すごーい感動。
思ったより広くて、見ごたえたっぷり。
それからピミアナカス、象のテラス、ライ王のテラス、プリア・パリライをひと通り見てまわる。
気温が高くて、日差しが強くて、かなり体力消耗。
お腹が空く時間なのに、バテ気味なので食欲もない。。。
バイヨン

バイヨン

バイヨン

それから、トマノンに移動。
そしたら、突然の雨、スコール。
トゥクトゥクに乗ってた時でよかったぁ。
しばらくトゥクトゥクで雨宿り。
ここで、浅井健一似のドライバーと、今後の交渉。
事前に、トゥクトゥクの相場の書いたのをプリントアウトして持ってって、それを参考に値段交渉。
3日間貸切と行き帰りの空港送迎で70ドルで成立。
ついでに、今夜のディナーも予約してもらいました。
小降りになってきたところで、トマノン見学。
トマノン

次は、行きたかったことの一つ、タ・プロームへ。
巨大な木々が絡まってて、今にも崩れそうな遺跡。というか、もう既に、崩壊しかかってる部分も。
ここにいたガイドさんらしきおじいさんが親切で、エコーが響くとことか、木に飲み込まれた感じのデバダー像とかに案内してくれた。
迷路みたいなとこだから、自分たちだけじゃ、そういうの探し切れなかったかも。
タ・プローム

タ・プローム

そして、タ・ケウに行ってから、ちょっと休憩して、サンセットを見るためにプノン・バケンへ。
日が沈むまでは、まだまだかなりの時間があるというのに、既に場所取りの人たちがいっぱい。
ちょっとづつ日が沈んできて、遠くに見えるアンコールワットも夕日を浴びてオレンジ色に見える。
で、サンセット。
雲が多くて、ちょっと微妙なんだけど、それでもすごいキレイだった。
太陽が雲の中に入っちゃうと、一気に暗くなるから、みんな一斉に下山。
プノン・バケン

プノン・バケン

夜は、アプサラダンスを見ながらのディナービュッフェ。
インドネシアのバリダンスみたいな感じ。
それと、ちょっと、沖縄の琉球舞踊にも似た感じのもあって面白かった。
料理は、冷たいカンボジアヌードルがおいしかった。
アプサラダンス



サリナホテル(SALINA HOTEL)
2700円/ツイン朝食付
韓国人がいっぱいのホテル。
ちょっと古めの部屋だけど、一人1350円なので大満足。
プールもあって、まぁまぁ快適。
サリナホテル

海外旅行 TB(0) CM(0)

2007.05.21
マイルが貯まってたし、うちのダンナ様が仕事辞めるからと、思い立った今回の旅行。
ひと足先に、ダンナ様は北京→ベトナムと旅してます。
で、シェムリアップで合流する計画。
私は、韓国経由で、シェムリアップへ。
韓国まではあっという間。近いなぁ。
ANA機内食

仁川空港でのトランジット。約7時間。
時間潰しの為に、トランジットツアーに参加しようとも考えたけど、乗換えのことで頭がいっぱいで、結局申込まずに、韓国入国。
でも、カウンターの人も暇そうだったから、行ったところで催行しなかったかも。
とりあえず、シェムリアップ行きのチケットをもらって、空港内をウロウロ。
で、ケンタッキーでランチ。
チリソースがおいしかったけど、チキン2個のセットは、かなりヘビィだったので、食べ切れなかった。
韓国のケンタ

一人で街まで、出ればよかったんだけど、空港付近の散歩のみ。何にもなさそうだった。
空港パンフレットに載ってた公園が気になって、探してみる。
そんなに広くないんだけど、静かでステキな空間だったので、しばらくその公園で読書。
天気が良くて、気持ちよかった。
そして、再び、空港内。
しばらくボーっとして、早めに出国手続き。
荷物全部、持込にしようと思って液体は事前準備してったんだけど、日本と韓国では容量が違って、120mlのコンタクトの洗浄液が持込めなかった。預け荷物にするのもめんどくさかったから、捨ててもらって、免税エリアの薬局で購入。ドルで買ったんだけど、お釣りがウォンだった。
韓国の公園

飛行機の中、ほとんど韓国人。この中に混じってると、私もきっと、韓国人に見えるんだろうなぁ。ごはんとか、飲物とか、韓国語で話しかけられるから、何言ってんのか全くわかんない。
離陸した時の夕焼けがすごーいキレイだった。
アシアナ機内食

11:10頃、シェムリアップ到着。
飛行機降りた瞬間、ムワァってする。南国の夜の空気。
記念写真撮って、のんびりと空港の中に入ってくと、韓国の人たちはみんなツアーのようで入国手続き前に集合してた。
その横を通って、予めVISAも用意してたし、待つことなくあっさりと、入国手続き終了。
受取る荷物もないから、そこも通り過ぎて空港の外へ。
迎えに来てくれてたダンナ様と、合流。
ひさびさに会ったダンナ様は、ヒゲもじゃだった。
半月ぶりに会ったのに懐かしい感じも、久しぶりな感じもしなかった。いつもと変わんない待合わせ。
トゥクトゥクでホテルへ。
シェムリアップ空港

海外旅行 TB(0) CM(0)

HOME - NEXT →
プロフィール
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索
過去ログ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。